文化財一覧

金剛寺

2016-3-29kongoji13-12016-3-29kongoji08-1

【ご紹介】

4月21日に行われる大法要・正御影供(ショウミエク)は、かつての寺領であった天野地区の人々にとって1年中の大きな行事であり、祭礼を通じた地域の繋がりが現代にもみられる。国宝(宝剣)や文書、密教系美術工芸品など重要文化財が多く残る。

【歴史的背景】

奈良時代に活躍した僧行基が創建、高野山の僧阿観が復興した密教寺院。南北朝時代には、南朝の後村上天皇が当寺院を行宮とした同時期に、北朝三上皇がすでに行在。一つの寺院で、南朝と北朝の天皇が共に過ごすという数奇な運命をたどった。全盛期には80以上をこえた子院(附属寺院)を抱える巨大な寺院として歩み、豊かな作物と清らかな水からつくりだす「三大美酒」と称される「天野酒」を醸造。この僧房酒は時代を統治した武将たちがこよなく愛したといわれている。高野山参詣においては、女性がお参りできる「女人高野」と呼ばれていた。

Data

河内長野市天野町996  TEL:0721-52-2046
http://amanosan-kongoji.jp/

観心寺

2016-4-5kansinji01-120160510115848

【ご紹介】

国宝建造物(金堂)、国宝(如意輪観音菩薩)をはじめ、後村上天皇凌や楠木正成首塚など歴史的な文化遺産が多く残る。如意輪観音菩薩の扉を開ける「本尊 御開帳」は、毎年4月17・18日。

【歴史的背景】
大宝元年(701年)、役小角によって「雲心寺」として開かれた。その後、平安時代の初め大同三年(808年)に弘法大師(空海)が当寺を訪ねられ、境内に北斗七星を勧請され、弘仁六年(815年) 衆生の厄除けに「如意輪観音菩薩」を刻まれて、寺号を「観心寺」と改称。以後、国家安泰と厄除けの祈願寺として、また高野山と奈良・京都の中宿として発展していく。また南北朝時代の武将、楠木正成が当寺院の檀家であったことから、幼少時代は学問所に通い、湊川の戦で敗れた後には、当寺院に御首が戻されたというエピソードも。後村上天皇が行宮として過ごしたゆかりから、御凌がある。

Data
河内長野市寺元475 TEL:0721-62-2134
http://www.kanshinji.com/

寺ケ池とその周辺

0306041003001

【ご紹介】

小山田丘陵にある寺ケ池とその周辺「小山田の歴史文化遺産保存活用地区」。標高が低く、丘陵の北部には人工のため池である「寺ケ池」が存在する。上流には寺ケ池越しに岩湧山系の山並み、下流には谷筋に広がる街並みがのぞめる。

【歴史的背景】
近世(江戸時代)、地区の大部分は膳所藩・本多氏と旗本・三好氏の相給入組地となっていた。和泉と河内の国境だったことから、村の境界をめぐる騒動が勃発し、境界確定のために作成された元禄3年(1690)の絵図が現存している。丘陵の北部には、この時代に築造された寺ケ池があり、現在も市内北部の水田へ農業用水を供給。旧村は丘陵西側の西除川沿いの谷部に位置し、谷筋を活用して築造された寺ケ池からは、江戸時代の大工事を学ぶことができる。明治22年に天野村と合併。
Data
河内長野市小山田町674-5  TEL:0721-56-2111(公園緑化協会)

岩湧寺

2015-8-4iwawakiji03-1

【ご紹介】

険しい岩湧山(標高897m)の中腹に、樹齢400年の巨杉に囲まれてたたずむお寺。自然豊かな境内では、秋海棠(シュウカイドウ)や季節の山野草が楽しめ、9月のお彼岸頃が見ごろ。名称の「岩湧」は、高い岩場が湧くが如く屹立(きつりつ)する風景からきたと伝えられ、金剛・和泉山脈を行場とする葛城修験道「第十五経塚」として知られている。
【歴史的背景】
寺伝によれば、文武天皇勅願で役小角が開基したとされ、もとは天台宗寺院であったが、明治期に融通念仏宗に改宗。戦国時代に建てられた多宝塔には、平安時代末期に作られた本尊・金剛界大日如来坐像が安置されており、ともに重要文化財。

Data
河内長野市加賀田3822-1  TEL:0721-63-5986(四季彩館)

延命寺

2015-11-10-enmeiji10-12015-4-15enmeiji06-1

【ご紹介】

「大阪みどりの百選」に選ばれた紅葉の名刹、薬樹山・延命寺。樹齢1000年といわれる巨大なカエデ(もみじ)の老木は「夕照もみじ」と称され、大阪府天然記念物指定。お寺の周辺は、かつて鬼住村と呼ばれており、泉の父鬼(現・和泉市父鬼町)に住む男鬼と、鬼住村に住む女鬼は夫婦であったという鬼伝説が残っている。延命寺を開いた浄厳和尚の先祖が弓矢を武器に、その鬼を退治したといわれ、弓矢は寺宝として伝えられている。
【歴史的背景】
弘仁年間(810年~824年)、空海が地蔵の石仏を刻んで本尊としたのが当寺の始まりとされる。寛永16年(1639年)に、この地に生まれた浄厳が伽羅山延命寺に寺号を改め中興する。延宝5年(1677年)、薬樹山延命寺に寺号を改め、本尊も如意輪観音に改められた。

Data
河内長野市神ガ丘492  TEL:0721-62-2261

烏帽子形城跡と烏帽子形八幡神社

140814ebosijinja03-1140814ebosijinja05-1

【ご紹介】

烏帽子形城跡は、河内平野を一望できる小高い丘陵上にある天守閣や石垣を持たない中世の山城跡として国史跡指定。高低差のある堀や土塁を何重にもめぐらし、主郭を守る防御性の高さが特徴的で、現在も横堀や堀切もよく残っている。
また城の東麓にある烏帽子形八幡神社の境内には、古文書「河州烏帽子形八幡宮伝記覚」をはじめ、本殿は重要文化財。

【歴史的背景】
烏帽子形城は楠木七城(河内七城)のひとつで、楠小二郎が城の鎮護として創祀したものと伝えられている。文明12年(1480)に建立されていたと考えられる烏帽子形八幡神社は、楠木正成が湊川の戦いに出陣の折、武運を祈願して植えたとされる老松の巨木「楠公武威の松」があったが、昭和9年(1934年)の室戸台風で倒れ、樹齢約600年の命を全うした。現在はその輪切りにされたものが境内に納められている。また安土桃山時代になると、烏帽子形城とその領地を、織田信長配下のキリシタン大名2人が統治していたことから、キリシタンに関する伝承が多く残されている。宣教師ルイス・フロイスの1581年の記録では、「烏帽子形山の城下に壮麗なキリスト教会があり、500人以上の領民が洗礼を受けた」との記録がある。
Data
烏帽子形八幡神社
河内長野市喜多町305

天神社

1-11-2

【ご紹介】

江戸時代に学僧の浄厳が開創した寺院で、祭神は天照大神(あまてらすおおかみ)、伊弉諾尊、(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)。天神社本殿は、正面の柱間(はしらま)が三つある三間社と、正面側に向かって屋根の形が流れる流造をかけあわせた「三間社流造(さんげんしゃながれつくり)」で、各部分に絵様(えよう)と呼ばれる文様が彫りこまれている。歴史文化遺産は木造釈迦如来立像や絹本著色兜率天曼荼羅図、また市指定文化財は拝殿の両側にある木製灯篭(もくせいとうろう)や鉄製湯釜(てつせいゆがま)がある。境内には大阪府指定天然記念物「夕映もみじ」が美しい紅葉をみせる。

【歴史的背景】
江戸時代初期に建立(こんりゅう)されたものと考えられている。当社には最も古い棟札は興国6年(1345)、永正年間(1504~1521)・天文年間(1532~1555)および江戸時代初期の棟札が数多く残る。また、現在の本殿が造られた時にも、室町時代頃の古材を再利用した。

Data
河内長野市滝畑731

西條合資会社

140815amanosakeyoru01

【ご紹介】

創業280余年の酒造業を営む酒屋として、今もなお高野街道沿いにあり、「サカミセ」とよばれる旧店舗と付属する桟瓦葺きの土蔵が国登録有形文化財指定。伝統の味と高い品質を守るため、年間生産量は9万本に限定。大吟醸、吟醸と数種あり、なかでも吉祥一升3885円は、芳醇にして旨味のある華やかな味わいで人気が高い。

【歴史的背景】
河内長野市内には、西・中・東高野街道が一つとなって、仏教の聖地高野山へとつながる「高野街道」がある。平安時代の公家や中世から盛んになる武士、庶民たちが高野参詣に利用し、街道沿いにはいくつかの酒蔵があったが、現在は西條合資会社が市内唯一の造り酒屋として残る。また、室町時代末期に天野山金剛寺で醸造されていた僧坊酒「天野酒」の名を金剛寺より現代へと受け継いだ。

Data
河内長野市長野町12-18  TEL:0721-55-1101
http://www.amanosake.com/

天見温泉南天苑

nantenen900px2

【ご紹介】

「難を転じる縁起の木」とも呼ばれる南天の郷「天見」。温泉旅館である南天苑の本館は、日本の近代建築を数多く手がけた辰野金吾氏によるもので国の有形文化財。数寄屋づくりの内装はシンプルに構成され、随所に茶室建築を思わせる侘び寂びの意匠がほどこされている。

【歴史的背景】
南北朝時代、高野山参詣に向かう旅人を癒した「極楽浴室」の逸話がある天見温泉。南天苑の本館は、堺大浜潮湯別館「家族湯」を天見に移築したもので、その設計者は東京駅・日本銀行本店の設計をはじめ、 中之島中央公会堂などを監修した名建築家・辰野金吾氏であった。平成14年9月、明治建築研究会・柴田正巳代表らの手による確実な資料のもとに判明し、平成15年(2003年)、大正期の建築様式を偲ばせる貴重な建物であることが認められ、国の有形文化財に登録された。

Data
河内長野市天見158  TEL:0721-68-8081
http://www.e-oyu.com/