体験レポート

延命寺 青葉祭

実施済 2016/05/05
20160510120453
20160510120510
20160510115157 (1)
2015-4-15enmeiji06-1
クリックで大きく

ここでこんなことしたよ

新緑のとっても気持ちいい奥河内は延命寺にて開催される「延命寺 青葉祭」に参加しました。本当の名前は、弘法大師降誕会法要といいます。

弘法大師は、宝亀5年(774)6月15日四国の善通寺の近くでお生まれになりました。毎年6月には高野山で正式な行事が行われ、延命寺では一ヶ月繰り上げ5月に行われるように成りました。5月は新緑の季節であり「青葉祭」と呼ばれ親しまれています。

降誕会法要は、12時過ぎより始まります。延命寺住職の先導で、黄色の法衣をまとう高僧10名が並んで本堂の前にて読経を開始し、1時30分頃まで、読経が続きました。

開催して感じたこと

青葉祭は、地域のお店もたくさん出店していて、お祈りの楽しみ以外に、地元食材をたくさん使ったご飯やカフェを楽しむことができました。

こんな出会いがあったよ

延命寺では、地域や檀家のみなさんが揃う大きなイベントです。甘茶のおすそ分けもいただくことができました。

こんな楽しみも!

行きや帰りは5月のゴールデンウィークの時期は、新緑が鮮やかにキラキラ輝いています。あまりに気持ちよくて、延命寺から南海高野線千早口までのハイキングコースを歩きました!
レポーター
宝楽 陸寛
開催場所

薬樹山 延命寺

〒586-0054 大阪府河内長野市神ガ丘492

 

延命寺〜千早口へのルートは河内長野市観光協会作成「楠木正成ゆかりのコース」が分かりやすいです!

 

また、南海電鉄でもコースがあります

ぼちぼち・てくてくMAP〜観心寺・延命寺コース

MAP
大阪府河内長野市神ガ丘492

同じ場所の記事